中古車を県外から買うおすすめの方法

一般的に車の買い替えや初めての車購入などで、中古車の購入を検討する時は現在自分が住んでいる地元近所にある中古車屋さんとか新車ディーラーでの検討が前提になると思います。

その一方でインターネットが発達した現在では、さまざまな商品やサービスがネット経由で展開されておりスマホやPCで簡単にそういった商品・サービスの恩恵を受けられるようになりました。

中古車販売についてもカーセンサーネットをはじめさまざまな中古車検索サービスがあり、日本全国どこからでも中古車を購入できる環境が整っています。

自分の住んでいる地元近所だけではなく、ネットの中古車検索サービスなどを活用する事で中古車選びの選択肢は大きく広がりますし、自分の希望条件に合った優良物件、いわゆる「掘り出し物」の中古車を手に入れることが出来る可能性も高くなります。

一方で、実際に県外から中古車を購入するとなると、見積もりから購入、納車されるまでの一連の流れがイマイチ解らないとか地元近所で購入するよりも諸費用は高くなるんじゃないか?といった不安もあると思います。

ここではそういった県外から中古車を購入する時の各種手続きの流れや押さえておきたいポイントなどを紹介しています。

県外の中古車を購入する時の流れと抑えておきたいポイント

まず県外の中古車を購入するまでの流れですが、基本的には地元近所にある中古車を購入する時と同じ流れになります。

具体的には車種や年式・走行距離といった条件を基に、自分の予算に合致する中古車を見つけたら中古車販売店と支払い方法など購入に向けた調整に入りますが、ネットの中古車検索サービスの場合もまず条件に合った中古車を見つけたら、中古車検索サービスの問い合わせフォームで在庫状況や総支払額、その多詳細の見積もり等々の問い合わせを行います。

下の問い合わせフォームはカーセンサーネットのものですが、こちらの電話番号は任意入力となります。

また入力したメールアドレスなどの個人情報も問い合わせした時点では販売店に開示されませんので、販売店から直接連絡が来ることはありません。

見積もり結果等、販売店の回答に対し返答した時点で初めて、販売店にこちらの情報が開示され直接やり取りができる状態となりますので、まずは問い合わせ段階では任意項目であるこちらの電話番号は入力せずに気になる物件複数に問い合わせ・見積もり依頼をすることをお勧めします。

この段階で電話番号を販売店に伝えてしまうと、当然と言えば当然ですが営業の電話が掛かってきます。

県外から中古車を買う場合、車庫証明はどうやって取る?

県外の中古車を購入する場合は、当然ながら県外の販売店で登録手続きを進めることになりますが、この場合の車庫証明はどのように取得するのでしょうか。

私自身も県外の中古車を購入する際に一番最初に疑問に思ったのがこの車庫証明の取得で、わざわざその県外の販売店の営業マンがお客さんの車庫証明の管轄なる市町村まで手続きに出張してくるのかと思えばそうではなく、私が住む都道府県に在住する行政書士に代行依頼するとのことでした。

そしてこの行政書士による車庫証明の取得代行費用は20000円くらいとのことで、私の場合は自分で車庫証明を取得しこの費用を節約しました。

結果、車庫証明取得にかかった費用は法定費用の2500円のみで済みました。

車庫証明の取得は、自宅駐車場の場合は比較的簡単に申請でき、管轄の警察署に行けば申請に必要な提出書類一式と共に手続き方法を教えてもらえます。

なお、申請に必要な書類はネットからダウンロードする事も出来ます。

画像は広島県警察 手続様式ダウンロードコーナーより引用

県外で車を買うとナンバー登録と登録費用はどうなる?

県外で中古車を購入した場合でも登録は所有者の住む都道府県(住民票のある都道府県)で登録を行う必要がありますので、ナンバー登録はその都道府県ナンバーとなります。

要するに所有者の所在地にある陸運局で車検を通す必要があるという事ですが、車検を通すためには車両を管轄の陸運局に持ち込む必要がありこれらの費用は通常「県外登録費用」として計上されています。

この「県外登録費用」は距離によって異なりますが、広島県の陸運局に大阪から車両を持ち込んだ場合約50000円くらいの費用となります。

ちなみに地域間によっては車両を持ち込まなくても登録できるケースもあるようで、このあたりは中古車の購入検討時に販売店によく確認してみる方が良いでしょう。

県外で車を買う場合、納車までの期間はどれくらいかかるのか

中古車には車検が付いているものと登録抹消済みで新規に車検取得が必要な車両がありますが、車検が付いている車両の場合最短で3日~4日くらいで納車できる場合もあります。

一方の車検を新規に取得する必要がある場合は、登録手続き等含め2週間~3週間くらいはかかるのが普通です。

ただ県外での購入となると陸送の都合なども考慮する必要があるので、もう少しプラスαの日数がかかると思っておいた方が良いでしょう。

県外から中古車を購入した時の納車費用は

県外から中古車を購入した場合は、基本的にキャリアカーで陸送して購入者の手元に車両が届けられますが、この陸送費に販売店の手数料を加えたものが納車費用となります。

陸送費は車両サイズとその距離に応じて金額が異なってくるため、場所によっては公共交通機関を使って自らが県外の販売店に取りに行く方が安くつく場合もあります。

参考に東京を起点に各都道府県に陸送した場合の陸送費と納車費用をまとめてみると以下の通りです。

陸送する車両はトヨタのアルファードクラスのLサイズミニバンで試算しています。

区間 距離(km) 陸送費(円) 納車費用(手数料含む)
東京-静岡 142.8 32400 44400
東京-愛知 259.1 48600 60600
東京-大阪 395.9 54000 66000
東京-広島 675.1 63720 75720
東京-福岡 880.6 70200 82200
東京-鹿児島 962.7 75600 87600
東京-福島 238.9 38880 50880
東京-宮城 304.9 49680 61680
東京-岩手 463.8 59400 71400
東京-青森 577.3 62640 74640
東京-札幌 831.0 70200 82200

県外の中古車も近県なら納車費用含めても選択肢として十分あり

県外から中古車を購入する場合は、上記の通り距離が遠くなればなるほど納車費用もかかりますので、例えば九州とから北海道にある中古車を購入するというのは旧車の絶版車の購入とか特別なケースでない限り現実的とは言えませんしおすすめもできません。

一方で、近県にある中古車なら高速道路や新幹線を使って引き取りに行けば陸送での納車費用を払うより安く済む場合もあるので、そういった近県にある中古車は選択肢として十分ありだといえます。

県外から購入する不安材料は中古車の現車確認がしづらいということ。その解決策とは

県外にある中古車の購入を検討する場合、地元近所の中古車屋と異なり現車自体をすぐに確認できないといった問題もあります。

この解決策としては、まずひとつは信頼できる中古車販売店を選ぶという事が挙げられます。

ただ県外の一度もいった事がない中古車販売店を信頼するというのは無理なので、ガリバーのような全国にネットワークを持つ大手の中古や販売店か、ディーラー経由の中古車を選ぶというのが現実解だといえます。

もう一つは画像や動画をフルに活用して車両の状態をしっかりとチェックするということで、大手の中古車販売店や新車ディーラーは、詳細画像や動画を要求すればほとんど対応してくれますので、足回りなど気になる箇所があったら遠慮せず要望してみましょう。

自分の条件に合った程度良い中古車を県外から探す最善の方法は

上記のような解決策を取れば、県外からの中古車購入におけるリスクはある程度回避できますがやはり現車の、特にエンジンを始動した状態での異音や吹け上がりなど機関の状態は確認する事が出来ません。

「県外にある中古車を購入したいけど、エンジンのコンディションとか確認できないとやはり不安・・」

といった方もおられるのではないかと思います。

そんな方におすすめなのが「ガリバーの無料中古車紹介サービス」です。

「ガリバーの無料中古車紹介サービス」なら、

  • プロの専門スタッフが希望の条件に合った中古車を提案してくれます。
  • 希望条件は漠然とした内容でもOKで、詳細の希望条件などは専門スタッフのよるヒアリングを行いながらクリアにしていくことが出来ます。
  • 希望条件に合った中古車は、未公開の在庫車も含めた中から探し提案してもらえるので選択肢も広がり掘り出し物の中古車に出会える可能性も。
  • 中古車販売No1のガリバーならではの、①修復歴チェック済み②全車保証付き※1③返品OK※2で安心した中古車選びが可能。

中古車販売No1のガリバーに中古車を提案してもらう

※1.6ヶ月以上の保証は有償サービスとなります。一部のガリバー店舗では保証対象外の中古車も販売しております。
※2.返品の利用には別途条件があります。