中古車市場には冠水車(水没車)が増加している

水没車や冠水車は、以前なら日本国内の中古車市場には並ぶことはなく修理して海外市場へ流れるというのが殆どでしたが、近年の異常気象によるゲリラ豪雨や台風被害の増加により、冠水車(水没車)が発生する頻度も増えてきています。

平成30年7月豪雨では、中国地方を中心に相当数の車が冠水(水没)し、甚大な被害が発生しました。

冠水車(水没車)が発生する頻度が増えてきたという事はそれだけ多くの中古車業者の手に渡る機会も増えるという事であり、モラルの無い中古車販売店の手に渡る確率も上がってきます。

冠水車を再生して中古車として販売する事は非常に危険であり、普通の中古車販売店ならそういったことは行いませんし、自動車業界の中でも冠水(水没)した車は廃車にするというのが一般的です。

一方でやはり冠水車(水没車)を廃車費用を持ちますという事でほぼ無料で回収し、水没した部分の清掃を行って外観だけあたかも問題の無い車のように見せかけて中古車市場に流通させ利益を得ている悪徳な中古車業者もいるというのが現実です。

車が冠水(水没)した時にやってはいけない事

実際に自分の車が冠水(水没)してしまった時にやってはいけない事として一般的に言われるのはエンジンを掛けないという事です。

自動車はバッテリーからの電気を車両全体に血管の如く張り巡らされたワイヤーハーネスという電線を介して各部に供給します。

電気にはご存知の通りプラスとマイナスがありますが、このプラスとマイナスが短絡いわゆる「ショート」すると熱を発生しワイヤーハーネスから発火し車両火災につながる恐れがあります。

 

車全体に張り巡らされたワイヤーハーネスは水没すると毛細管現象によってワイヤーハーネス内に水が浸入しショートが引き起こされますが、問題なのはどの部位でいつ何時ショートが発生するかわからないという事です。

また正常に通電していた部位も車の走行振動等により短絡が発生し走行中に突然火災が発生するというケースも多くあります。

車両火災に至らないまでも電気の供給が出来なくなることによって突然に走行不能に陥ることこともあります。

冠水車(水没車)の処分はどのようにすればよいのか

では実際に台風やゲリラ豪雨による水害で自分の車が水没してしまった場合、どのように処分すればよいのか?ということですが、基本的には購入した新車ディーラーや中古車販売店に引き上げてもらうという方法が挙げられますが例えば県外にある中古車を購入した場合など、引き上げを依頼できる業者が近くにないという事になります。

そういった場合はJAFに依頼するという方法もありますがJAF会員でなければかなり高額な費用が発生しますし、JAF会員でもレッカー移動は一定距離以上は有料となります。

冠水(水没)した自分の車を出来るだけ安く(できれば無料)で処分したいけどその方法が判らない・・

そういった状況であれば廃車買取サービスがおすすめです。

廃車買取サービスは、水没車などの動かなくなった車を無料で引き取るだけでなく、車種によっては買取価格まで付けて引き取ってくれるサービスです。

冠水車のような車をなぜ買い取ることが出来るのか?という理由は、廃車買取サービス各社は独自の流通ルートを用い、買い取った車両をメンテナンスを施したり部品をばらして海外市場で販売する事で利益を上げているからです。

スマホから20秒程度の入力で廃車買取額の確認と手続きを行う事が出来ます。

→廃車買取額と手続き方法を確認する

冠水車(水没車)の見分け方

実際に中古車を購入する時に、その車が冠水車でないかどうかを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。

基本的に自動車の室内は車外と完全に遮断されているわけではなく、ある高さ以上の水位になれば車室内に水が浸入してきます。

車室内は通常は水に濡れないという前提であり、車室内の内装は基本的に防水処理は行われていないのが普通です。

防水処理されていない車室内の内装が水没して水に濡れると染みや接着剤の剥がれといった不具合が発生します。

特にシートに発生した染みは車内をクリーニングしても完全に消えない事が多く、シートの側面に筋状に出来た染みなど注意深くチェックすれば見抜くことが出来ます。

また内装フロアパネルやシートを固定するボルトやブラケットなども、冠水する事を想定していないのでそれに対応した防錆処理がされておらず水に濡れると細部に錆が発生しますので、こういったところをチェックするのも重要です。

他には車両下回りを確認する事が出来る中古車なら、下回りに赤さびが多く発生している場合は海水に水没した車の可能性があります。

エンジンルームにおいても同様に不自然な赤さびが発生しているようであれば冠水車であることが疑われます。

冠水車の中古車を買ってしまわないための最善の方法とは

中古車市場に冠水車(水没車)が増加しているとはいえ、その絶対数は少ないですし信頼と実績のある大手の中古車販売店や正規ディーラーにある中古車を購入すればまず水没車の中古車を買ってしまうという事はないでしょう。

しかしながら、自分の希望条件に合った中古車が必ずしも正規ディーラーや大手の中古車販売店の店頭にあるとは限らず、街中の中古車販売店で見つかるかもしれません。

また県外にある中古車を購入する場合だと、その中古車販売店自体の素性もよく判らないといった事も多いと思います。

中古車購入は県外まで範囲を広げて探すことで、より自分の購入条件に合った車両に出会える可能性が高まりますが、一方で「県外まで範囲を広げて中古車を探したいけど冠水車掴まされるかも・・」といった悩みも。

そんな悩みをお持ちなら、無料の中古車探しサービスがおすすめです。