事故車は廃車にすべきか修理して乗るべきか

事故を起こして走行できなくなった車や、ゲリラ豪雨や台風いった突発的な自然災害によって水没したりした車は、廃車にするのか修理をして乗り続けるのかという選択肢に迫られます。

水没などで全損となった車はさておいて、不幸にも車で事故を起こしてしまい損傷状態が激しい場合修理ではなく廃車にする事も考える必要がありますが、実際に事故車を廃車にするかそれとも修理をして乗り続けるかという見極めはどのようにすればよいのでしょうか。

廃車か修理をして乗り続けるかの判断基準である「修復歴」

万が一事故に遭ってしまった場合、車自体がどの程度のダメージを受けているか?という観点で廃車にするのか修理をするのかを判断する必要があります。

これは将来的な乗り換え時の中古車としてのリセールバリューも含めた判断となりますが、その判断基準となるのが修理をする事でその車が「修復歴あり」の車になってしまうかどうかという点です。

修復歴とは、まさに読んで字の如くでその車が修理・修復された履歴があるかという事ですが、「修復歴の有無」に定義されているのは、車の骨格(フレーム)部位等を交換したり修復(矯正や補修)したものが「修復歴車あり」という事となっています。

修復歴ありの中古車になってしまうと、中古車の価値は大きく下落しますのでいざ買い替えなどで車を売ろうとすると買取相場以下の値段でしか売却する事が出来ません。

したがって事故車を廃車にするか修理して乗り続けるかの判断のまず一つは、修理する事によって「修復歴あり」の中古車になってしまうかどうかというところです。

車の基本骨格部分にダメージを受けているという事は、修理費用もそれなりにかかりますし乗りつぶすのであれば修復歴は気にせず修理する手もありますが、将来的に売却を考えているのであればそれはやはり不利になりますので、廃車という選択肢もありだといえます。

車両保険を適用する場合はどうなるか

車両保険を適用する場合は保険金の金額によってその判断は変わってきますが、一般論としてモノコック構造が採用される最近の自動車の場合、車両の骨格部分までダメージを受けたらその修復には相当の費用が掛かります。

なので保険会社の見積もりに基づく判断も、修理するより全損で元々設定している保険金額を支払った方が安くつく場合が多いです。

自動車を廃車にするには費用が掛かるけど

ところで車を廃車にするとなると、廃車処分をするための各種手続きや処理に伴う費用が発生しますが、廃車買取を専門とする業者に頼めばいくらかの金額で買い取ってもらえる場合があります。

事故を起こして破損したり、故障したりして自走出来ない車になぜ値段を付けて買い取るのか?不思議に思える部分ではありますが、その理由は大きく分けると二つになります。

世界中で走る日本の車の売りはその耐久性の高さ

まず一つ目は、ご存じのとおり自動車は日本の国内だけではなく世界中で走っています。日本車の品質の高さは世界も認めるところですが、海外の自動車市場、特に新興国などでは、数十万キロを余裕で走る壊れない日本車は大人気なのです。

またそういった国々では、日本のような車検制度もありませんから、法規制への適合要件は事実上無いに等しく、少々壊れていても車として走って曲がって止まる事が出来れば十分に価値があります。

なので、日本国内の事故車や故障車は、海外のそういった市場へ流れ、車として必要最小限の機能を確保する為の修理が施され、販売されます。

耐久性の高い日本車は新興国の中古車市場でも人気なので、高く売る事が出来ます。

車は鉄の塊なので、鉄としての価値も高い

もうひとつの理由は、車は基本的に鉄の塊といえるほど、その大部分は鉄でできています。内装部品等はプラスチックも沢山使われていますが、それでもその骨格には頑丈な鉄のフレームが使われています。

鉄の塊である車は、鉄スクラップとして売買取引がされますが、その価格はばらつきはありますが2万円から3万円位の値段で取引されていますので、廃車に掛かる費用を差引いてもまだ利益は数万円ほど出ますから数をさばくと結構な利益になります。

その他には、事故車を買い取って分解し、使える部品は中古パーツとして販売する専門業者もいます。

価値は無いと思う事故車や故障車でも買取査定を

このように、自分では車としての価値もなく、値段も付かないと思いがちな事故車や放置車両等の故障車でも、必要とするところに提供すれば思わぬ値段が付いて売れる事もあるという事です。

たとえば、海外市場では、トヨタランクルや三菱ランエボ、トヨタハイエースなどの車は人気の車種で、海外市場に流通ルートを持つ買取業者なら高値で買い取ってくれます。

そういった意味からも、もし事故車や不動車が手元にあるのなら一度買取業者に査定してもらう事をおススメします。